会社設立登記・定款変更(増資・減資・移転・役員交代・株式譲渡など)

会計税務を踏まえたアドバイスとともに、すべての手続を進めてまいります

会社設立登記 費用: 45,000THB より

法人登記では、タイ商務省事業開発局(DBD)登録という重要なファーストステップとして、会社名、資本金、発起人、株主、役員、業務内容、会計年度など、会社の基礎を成す事項を定ます。この過程で法人の所有権、経営権が決定しますので、慎重に相談を重ねながら進めてまいります。

  img_c_001    img_c_002
商務省法人登記局スリウォン支局 登記局の受付カウンター
  img_c_003   img_c_004
法人登記を完了すると、即日登記書が発行される 次のステップ付加価値税登録。後日登録証が交付される

皆様に選択いただくのは、「現地法人」~タイ側資本が51%以上を占める。あるいは、「外国人会社」~外国人事業法上の許可あるいはBOIプロジェクトとして認可を得る日本側資本100%の外国人会社。この二つのいずれかです。BOI認可では、判断材料として、事務所または工場の立地エリア、業種・業態によって条件が違ってまいりますので、可能な限り正確な情報をご提供いただきます。諸事情からタイ側資本の名義が必要になってしまった場合も、ご相談いただけます。
設立されてからの登記内容変更も可能です。(移転登記、支社設立、増資・減資、株主または役員の変更など)

法人登記内容の変更

費用:1件 5,000バーツより
・事業所移転
 管轄税務署と商務省事業開発局への手続きが必要となります。
・資本金の増資と減資
 専門紙上に、増資・減資について決議を執行する株主総会招集状を公開。その掲載完了後に手続きとなります。
・役員交代
 増資および減資と同じく、専門誌掲載後の手続きとなります。
・株式譲渡
 こちらは専門誌掲載は不要です。
・定款・付属定款内容の変更
 専門誌掲載後の手続きとなります。

費用に関する備考費

備考~費用について

・別途実費として、上記の目安料金以外に、各種印紙代、官公庁手数料、必要なコピー代、写真代があります。
・手続きがバンコク都以外で必要となる場合は、3000バーツの追加料金が発生します。(1都5県省く)
・ケースによっては、御本人に同行の必要が生じる場合があります。
・付加価値税 VAT7% は含みません。

日本に比べると、タイでの会社設立の手続きは簡単である、という話を聞かれた方も多いでしょう。しかし、長期的な会社経営や、BOI取得を視野に入れると、安易な手続きでの会社設立は避け、慎重なる推進が、後のトラブル発生防止に役立つことにもなります。

タイにおいても法改正などの影響を多くの部分で受けやすく、最新の状況に合わせて対応していくことが求められます。タイでの会社設立をご希望の際は是非ご相談ください。